【日曜日の初耳学/めぐみ】ほうれい線ストレッチ・シャンプー法・洗顔法(見逃し用)

このぺ―ジには、
2023年5月12日放送『日曜日の初耳学』で紹介された、
✔️ほうれい線が消えるというストレッチ
✔️髪が若返るというシャンプー法
✔️肌ケアのNG行動
✔️美しくなる心のケアの方法についてまとめています。

登壇したのは、
美容家にして美のカリスマ・美容学校の名誉学院長も務めるMEGUM(めぐみ)先生です。

見逃してしまったという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

授業は、
美容は、いつ何歳から始めても遅くない”とのめぐみ先生の力強い励ましのお言葉から始まりました。

ありがたいですね。

番組放送から1週間は、
Tverで視聴することが可能です。

目次

【日曜日の初耳学(めぐみ)】ほうれい線消える?ストレッチ(5/12放送)

ほうれい線は、
首、肩甲骨、腕が下にお肉を引っ張ってできるといいます。

それなので、首の筋肉をほぐして伸ばせば、
血流が巡って顔が上がるということです。

これから紹介する2つのストレッチを1日曜日1セットずつするだけで、良いそうです。

①首の筋肉をほぐすストレッチ

(1)右手で左側の頭を持ち真横に傾ける

注意点は、前でなくて、真横に引っ張るようにすることです。

(2)顎を天井に向け、深呼吸を3回

②肩甲骨周りをほぐすストレッチ

(1)左ひじを背中側で持つ

(2)頭の後ろで肘を軽く押して背中を伸ばす

(3)背筋をピンと伸ばしたまま深呼吸を3回する

ポイントは、顎の下に目があると思って、その目で天井を見るようにすること。

そして決してムリをしないこと。いた気持ちいくらいにおさえること。

①と②のストレッチを1日1セットやるだけで良いそうです。

一時的ではあるが、即効性もあるとのこと。

やらなくなるとすぐ戻ってしまうので、
毎日継続することが大切だといいます。

他人に気付かれるようになるのは1年後なので、
自分だけは変化に気が付くようにして、
モチベショーンを保つようにすることが大切だといいます。

からだの筋肉は全部繋がっていますから、
そこだけほぐしても駄目なんですね。

筋肉が凝ってしまうと、首が短くなったり、首のうしろがもこっと盛り上がったりして、
体のシルエットも、若い頃と違ってしまいますよね。

大人になると老けるのは、
働くようになるからで、
体を酷使することによって疲れが蓄積されているからなのだと、つくづく思わされます。

【日曜日の初耳学(めぐみ)】髪が若返る?シャンプー法(5/12放送)

ハリ・ツヤがなくなった髪の毛も若返るといいます。

めぐみ先生は、
それらは全て頭皮の汚れ・詰まりからきていると考えます。

毛穴が詰まっていると、
栄養がいかないという考えです。

(1)シャンプーをする前に10秒くらいブラッシングする。髪の流れに逆らうように。

こうすることで、落ちにくい汚れが浮かび上がり、落ちやすくなるといいます。

(2)シャンプーの前に、普段の3倍~5倍しっかり注ぐ。

(3)シャンプーは頭に直接つけるのではなく、手につけて軽く泡立て、まんべんなく全体につける。

(4)泡立てる。

泡が汚れを吸引するといいます。

そこでオススメなのが、スカルプブラシ。▼こういうやつです。

スカルプブラシを使うと、簡単に泡立つといいます。(100均でも購入可能)

シャンプーをしながら後頭部もしっかりマッサージすると、顔のリフトアップも期待できるといいます。

(5)しっかり洗い流す

(6)トリートメントを毛先から付けたら、ブラッシングをしてトリートメントをムラなく全体にいきわたらせる。

これらができれば、
美容室に行ったような後の神の軽さや、
ドライヤーですぐ乾く髪を手に入れられるといいます。

「健康な髪はすぐ乾く」というのは聞いたことがありますが…

ロングヘアの方には、特に朗報ですよね。

【日曜日の初耳学(めぐみ)】肌のくすみが取れる?洗顔法(5/12放送)

見た目年齢に大きく左右するのが、
肌のくすみ。

たしかに…と感じます。

ご年配の方でも、
肌がきれいだと、「若い」と判断しますよね。

肌には摩擦がよろしくないので、
洗顔は、泡をのせるだけ洗顔が良いといいます。

(1)泡立てネットを使って泡立てる。

手で泡立てるより、キメ細かい泡を作ることができ、汚れを落としやすくなる。

(2)手は顔に触れないようにして、泡をのせていく。

(3)流す。

(こすってないのに、本当に洗えているの?)と不安になりますが、
特に女性の場合、メイク落としである程度のものは取れているので、
これで良いのだといいます。

→男性は、泡をこするイメージで。

肌を手でこすってしまうと、
皮脂膜まで落としてしまい、乾燥の原因になるといいます。

肌をこすらないことで、
くすみの原因となる汚れだけが落ちて、
肌も突っ張らないといいます。

洗顔後、肌が突っ張ることで悩んでいる方は多いのではないかと思います。

これもすぐにでも試してみたいと思いました。

【日曜日の初耳学(めぐみ)】お金はかけないでもできる?最強の美容法

美容の最初は、
安くて良いので、
シートマスクを毎日やる。

化粧水や乳液だけだと、
表面が潤うだけで奥は乾燥しているので、
肌がごわごわしてしまう。

そこで、奥まで潤わすのにオススメなのがシートマスク。

めぐみ先生は、
3日間で変わると言い切ります。

めぐみ先生は、
15年間、
1日も欠かさず続けているのだそうです。

毎日続けられるコツは、
「どこに置いたらかわいいか」
ではなく、
家の中で最も使う銅線上にシートマスクを置くこと。

例えば、炊飯器の横など。

created by Rinker
進製作所
¥698 (2024/05/19 11:18:15時点 Amazon調べ-詳細)

「肌の甘やかしすぎは肌に良くない」というのもよく耳にしますが…

めぐみ先生的には、毎日がなんですね。

たしかにわたしも、
肌がボロボロのとき、
シートマスクをすると落ち着いていました。

毎日は良くないものと決めつけて、
続けることはしていなかったので、
毎日してみたいと思います。

お金が掛からないといっても、
シートマスク代もバカにならないですから、
できるだけ安いシートマスクを使用したいですね。

【日曜日の初耳学(めぐみ)】先生の本

めぐみ先生の美容本は、
2023年で一番売れた美容本当だといいます。

2024年5月12日、第二弾も発売されました。

created by Rinker
¥1,336 (2024/05/19 17:44:59時点 Amazon調べ-詳細)

新刊

created by Rinker
¥1,650 (2024/05/19 11:18:16時点 Amazon調べ-詳細)

新刊は予約殺到で、
予約の時点で重版が決まったというのですから、
すごい人気ぶりというか、
めぐみ先生への信頼が厚いですよね。

【日曜日の初耳学(めぐみ)】ポジティブに生きるコツ

①ノートに悩みを書く

これは、テキサス大学の研究でも裏付けされている心理学アプローチのひとつ。

書き出すことで、ネガティブなことを客観視できるようにり、
余計なことを考えなくなります。

②1年の事業計画書を作る

めぐみ先生は、毎年、事業計画書を作成して、マネージャーに提出しているのだということでした。

「何をやりたいか」目標を決めることで、
「何をすべきか」というやることが明確になる。

やることが分かると、行動力が出て、漠然とした不安がなくなるということです。

③「残念ながら失敗からしか人は学べない」というマインドを持つ

この言葉に救われた人は多いのではないかと思います。

わたしもそのひとり。

マインドは重要ですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次