キキとトンボが離婚?結婚その後の結末は(魔女の宅急便)

キキとトンボ。

スタジオジブリが手掛けた長編アニメ映画『魔女の宅急便』に出てくるヒーロー・ヒロインです。

しかし、その後ふたりはいったいどうなったのか、気になります。

噂によると、離婚したとか、しないとか。

真相を確めてみました。

✔️『魔女の宅急便』のキキとトンボはその後、結婚して離婚した?

目次

キキとトンボのその後…結婚して離婚した?(魔女の宅急便)

まず結論から。

キキとトンボがその後結婚したのは本当。しかし、離婚はしていない

原作小説:角野 栄子著『魔女の宅急便』より

→ジブリ『魔女の宅急便』には、原作となる小説があります。

その中で描かれている話による結末ですね。

小説『魔女の宅急便』は全6巻。

4巻で、キキとトンボとの恋について描かれており、

5巻で、キキが飛べなくなってしまう話が描かれており、

6巻では、キキとトンボが大人になっていて、すでに結婚し、ふたりの子供(双子)がいるところから始まります。

6巻は、キキとトンボの子供がメイン、といった感じです。

キキとトンボのプロポーズシーンとか、結婚式の様子とか、そういう気になるシーンは惜しくもカットされています。

created by Rinker
KADOKAWA
¥446 (2024/04/21 14:51:17時点 Amazon調べ-詳細)

キキとトンボは結婚し子供もいる

キキとトンボは、キキが22歳のときに結婚しました。

トンボは一歳年上なので、22歳か、23歳ですね。

ふたりは、同年に双子の女の子と男の子をもうけています。

名前はニニ(姉)トト(弟)です。

6巻では、それから13年後の話が描かれています。

キキは35歳ですね。

キキとトンボは離婚していない

キキとトンボは、結婚こそすれど、離婚はしていません。

そもそも、小説『魔女の宅急便』は児童文学書。

小学生も読む本の中に、

“ヒロインが恋い焦がれたヒーローと結ばれた後、最終的に離婚して終了した”

というストーリーは、不向きですよね。

小説『魔女の宅急便』は、キキ視点で描かれているせいか、キキからのトンボへの好意の方が、目立っているように感じます。

トンボは、空を飛ぶことの後は、昆虫にすっかり夢中です。ふたりは、トンボが遠い学校に進学した為に、遠距離恋愛になります。トンボは、ふたりが会える貴重な夏休みにも、キキと過ごすより森に入って昆虫と過ごすことを選ぶのです。

ジブリのトンボと、原作のトンボでは、少しイメージが違っているように思います。ジブリのトンボにはぐいぐいくるイメージがありますが、原作のトンボは、どちらかといったら、いわゆる草食系男子。のほほんとしていて、天然なイメージです。

キキととんぼは、結婚後は、穏やかに、幸せに過ごしています。

キキとトンボが離婚?結婚その後の結末は(魔女の宅急便)【まとめ】

キキとトンボは結婚したが、離婚はしていない!双子にも恵まれ、幸せに過ごしている。

  • キキとトンボは、遠距離恋愛を経て、キキが22歳のときにゴールイン、同年には、双子ももうけています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次