高橋茉莉【スキャンダル】生活保護は不正時給?何があった?経緯・法令違反で逮捕は

高橋茉莉さんは、2月8日、東京15区補選の国民民主党の公認候補として出馬表名会見を開きました。

ところがその後、国民民主党と出馬を巡りトラブルがあったようです。

いったい、何があったのでしょうか。

このページでは以下をまとめています

生活保護を受給しながらラウンドでバイトしていた」は不正受給になる?

高橋茉莉は、法令違反で逮捕される?(罪の重さ時効は?)

高橋茉莉は、なぜ主張を一転したのか?

高橋茉莉、出馬断念~主張一転までの経緯

目次

高橋茉莉|スキャンダル?出馬断念~主張一転までの経緯

高橋茉莉が国民民主党を告発?

2月8日、高橋茉莉の出馬表明会見が開かれる。(東京15区補選の国民民主党の公認候補として)

しかし同月25日未明、高橋茉莉が、国民民主党から、過去にラウンジで働いていたことを理由に、出馬を辞退してもらえないかと打診されたことをSNSで暴露する。

出展:https://twitter.com/takigare3/status/1761753436260098278/photo/2

発信内容を簡単にまとめると

  • 生活保護を受給していた時期に、ラウンジで一生懸命働いていた。
  • ラウンジで働いていたことを理由に、出馬を辞退してほしいと指示を受けた。
  • 底辺で頑張る女子は一生チャレンジすることすら許されないのか。

高橋茉莉はインスタライブでは涙ながらに訴えた。

しかしこれが炎上。

炎上した理由は、
生活保護を不正受給していた疑惑“が浮上したことだった。

世間からは、

不正時給なのではないか

たぶん、ラウンジで働いていたことが理由なんじゃなくて、生活保護を不正時給していたことが理由だよ

などと批判が殺到。

ラウンジはいわゆる水商売で、平均時給の相場が4000円と高時給です。

そして誰にでも務まる仕事ではありません。

国民はといえば、生活が度重なる税によって貧しくなる一方。

そこに加えて自民党の裏金問題などがあり、
ただでさえ国民は”生活保護”や”不正受給”のワードには敏感になっていました。

国民民主党・玉木雄一郎代表が告発内容に反論

すると国民民主党の玉城雄一郎代表は代表はXを更新。

国民民主党はラウンジ勤めのみを理由に立候補の断念を求めるようなことは決してありません。
事実関係を整理の上、週明けに正式に説明いたします

@tamakiyuichiro

続いて同日正午ごろ、更にXを更新。

つまり、
国民民主党が高橋茉莉に出馬を断念するように打診したのは、
ラウンジで働いていたことが問題なのではなく、法令に抵触する恐れがあったからということのようです。

国民民主党が高橋茉莉に体調不良を理由に出馬を断念するように指示したのは、
その時点では事実確認ができていなかった為、ということかもしれないですね。

なぜ今回のような誤解が生じたのでしょうか。

それは、
高橋茉莉が自身が過去にラウンジで働いていたことについてどこか気後れしていた為に、
そのことが理由であると、解釈してしまったのかもしれません。

高橋茉莉が主張を一変

同日午後、高橋茉莉はXを更新した。

これまでの主張を一転、SNSもしばらく休止することを発信した。▼

・国民民主党とではない政党で活動を続けていく
政界を引退する

・生活保護を受給していた時期にラウンジに勤めていた
生活保護を受給しながらラウンジに勤めていたというのは事実と異なる

世間からは、
「逃げているみたい」などの疑問の声が上がっています。

出展:https://twitter.com/takigare3/status/1761753436260098278/photo/3

高橋茉莉|なぜ主張を一転

高橋茉莉が急に主張を一転させ、SNSを休止したのはなぜでしょうか。

炎上もあり、やはり逃げ出したくなった、ということなのかもしれません。

生活保護の件についていえば、
「生活保護を受給していた時期」とは話していたものの、
「生活保護を時給しながら」とは話していなかったので、
誤解だった、という可能性があります。

しかしこのままSNSを休むというのは、
やましいことがない以上、
高橋茉莉にとって不利になるように思えます。

高橋茉莉|「生活保護を時給しながらラウンドでバイトしていた」は不正受給になる?

高橋茉莉が生活保護を受給していた場合に、それは不正受給となるのでしょうか。

ポイント

  • 生活保護を受給しながら給料を受け取っても、申請していれば不正には当たらない
    • ただ、給料が15200円以上になると、受給金から引かれていく
    • 楽をして稼ぐという意味では、15200円以上働くのは効率が悪いともいえる
  • 就職しても、辞めずに続けられるか、その後3ヶ月間は生活保護が続くこともある

高橋茉莉は、「奨学金を返す為」に一生懸命働いたといいます。

そうなると、
・生活保護を受給しながらラウンジで働くというのは効率が悪く思えること、
・ラウンジで働くことができれば就業能力は十分にあるように思えること、
などから、
「高橋茉莉が生活保護を受給しながらラウンジで働いていた」というのは、
やはり事実とは異なるということになりそうです。

高橋茉莉|法令違反で逮捕される?(罪の重さや時効は?)

高橋茉莉について明らかになった法令に抵触する恐れのある事実については、
26日10:30~会見予定です。

会見が終わり次第追記します

因みに、生活保護を不正受給していた場合、
下記の通り罪に問われます。

3年以下の懲役又は100万円以下の罰金

尚、時効は5年と定められているとのことです。

◆生活保護法第85条(罰則)不実の申請その他不正な手段により保護を受け、又は他人をして受けさせた者は、3年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。

https://www.nishi.or.jp/kenko/shakaifukushi/seikatsuhogo/fuseizyukyuutaisaku.html

2/26追記

会見が行われました。

刑事上の責任を問われる可能性がある。

が、詳細をコメントすることは、差し控える
(本人がすでに私人となっており、本人に不利になる可能性がある為)

玉木雄一郎代表は、
最後まで冷静な対応でしたね。

すると、
高橋茉莉はやはり生活保護を不正受給していたのでしょうか。

正確なところは不明です。

ただ、
高橋茉莉が主張を一転し政界を退く考えを示したことから、
本人にも何かしら思い当たるところはあったのかもしれません。

今はSNSを用いて、
誰でも気軽に個人で世間に向けて発信ができる時代です。

ですが、
発信する前に、
一度ゆっくり気持ちを落ち着かせる時間をもった方が賢明そうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次